見出し それぞれのライフスタイルに合わせた薪のある生活の提案

  • 薪づくりをはじめから楽しみたい
  • 薪割りを楽しみたい
  • 来年の冬に備えたい
  • すぐに燃料として使いたい

1本の原木が薪として利用できるようになるまでには長い工程が必要になります。
あさまの薪ではそれぞれのライフスタイルに合わせて薪のある生活を楽しんでいただけるよう、
原木・玉切・未乾燥薪・乾燥薪と4種類の販売を行っています。
薪のある生活からあなただけのシーンを見つけてください。

見出し 薪を使う

燃料としての薪。薪ストーブや暖炉、風呂釜から焚き火など用途は多様です。
ここでは炎を眺めるだけで楽しむことのできる薪ストーブと焚き火についてご紹介します。

薪ストーブ

薪ストーブ

化石燃料の高騰により現在注目を集めている薪ストーブ。 暖を取り、炎を眺めているだけで、石油ストーブでは味わえない温もりを感じることができます。
種類によっては料理も楽しめ、寒冷地ではなくてはならない存在です。
あさまの薪を取り扱う当社では軽井沢を中心に薪ストーブの販売・施工も行っています。
薪ストーブに興味をお持ちの際はこちらのホームページをご覧ください。

焚き火

焚き火

洞窟で焚き火の遺跡が見るかることもあり、古くから人類の生活の一部でもありました。 現在はキャンプ場などで多くの人に親しまれており、家族や友人と火を囲んで楽しい時間を過ごすことができます。 また、焚き火も暖まるだけでなく調理やバーベキューなどにもご利用になれます。

あさまの薪のとりくみ

浅間高原の冬は寒冷です。冬の最低気温は-20℃になることもあります。
ここで寒い冬を乗り越えるには安定して乾燥燃料である薪を確保する必要があります。
私たちは薪を通じて安心して冬を越せるよう生活上手になっていただきたいと思い、薪のある生活をご提案しています。
また、豊富な浅間高原の森林を木質バイオマスとしての有効利用に取り組んでいます。
薪を必要としている人と土地を有効利用したい人とを繋ぐネットワークを構築し、地域産業の活性化の貢献に取り組みたいと考えています。

冬の浅間山