薪について

薪の割り方

薪を上手に割るには下準備が必要です。まず丸太が水平にカットされているか確認してください。
水平でない不安定なものはすぐに倒れやすく失敗の原因になります。
刃を薪に当てる際は丸太の中心を狙って一気に振り下ろしてください。丸太にヒビが入っている場合はそこを狙うのもポイントです。
慣れるまでに時間はかかるかと思いますが徐々に力の抜き方なども分かってきますので、生活の一部としてゆっくりと楽しみながら上達してください。

  • 1個人差はありますが台座の高さは斧と薪の高さが並行もしくは、やや低めにするのが一般的です。
  • 2右利きの場合は右手でヘッドの近くを握り左手は柄尻に。
  • 3斧を肩越しの高さまで振り上げる。頭の後ろまで振り上げると重くて疲れてしまいます。
  • 4インパクトの瞬間に膝を折り曲げると重心が下がり割る力がアップします。

斧の選び方

斧は種類が豊富でどれを選べばよいか迷ってしまいがちです。自身の体格や腕力にあった斧を選んでください。
重過ぎると作業が辛くなってしまい、また軽すぎても力が劣ってしまいます。
当店では薪割りをしていただくための斧を多数ご用意しております。
詳しくは薪づくり道具の商品ページをご覧ください。

斧

豆知識

薪の種類

一般的には広葉樹が薪に向いていると言われていますが、しっかり乾燥していれば針葉樹でも問題ありません。広葉樹の特徴は火持ちの良さにあります。また、煤や煙は針葉樹に比べると少ないです。針葉樹の特徴は、火つきが良いので焚きつけをするのが容易です。
詳しくは図を参考にしてください。

薪の種類図

保管方法

未乾燥薪を乾燥させて薪として利用できるまでには少なくとも8ヶ月の期間が必要になります。風通しがよく日当たりの良い場所にラックを設置するのがベストですが、お持ちでない場合は家の壁に接触させず、地面に直接置かないよう注意し、井桁に積んで風通しを良くすることが重要です。

薪ラックイメージ

冬を越すにはどのくらいの量の薪が必要になるのか

薪ストーブをお持ちの一般的なご家庭の消費量の目安を表にしましたのでご参考ください。

気温と薪の消費量の目安